Diary

ノートを使ってワクワクすることの源泉を発見する

「来年の目標を何にしようか?」とぼんやり考えることが多くなるこの時期。

目標設定の参考にいろいろな自己啓発本や手帳術本を読んでみても、最後に行き着く結論は「まずは『人生の目的』や『ビジョン』を明確にする必要がある」ということだったりします。

でも実はこの「人生の目的」を明確にするのが一番むずかしい・・・・

 

・・・というわけで、いろいろな方法を試してみた結果、一番自分にしっくりきた「ソース・セルフ・スタディ・キット」のプログラム(ワークブック)を紹介したいと思います。

 

このワークブックの流れをごく簡単に説明すると、

  1. 一連のエクササイズで自分の過去をふりかえり、ワクワクしたことや達成したことをひたすら書き出す
  2. 書き出した文章の中に頻繁にでてくるキーワードをピックアップ
  3. ピックアップしたキーワードにいくつかの加工(ネタバレになるので詳細は省略)を加える
という感じ。

以上のようにして出てきたいくつかの言葉が「自分のワクワクすることの源泉」、つまりは「人生の目的」を構成する要素となります。

 

以下、月光荘画材店のスケッチブックに書き出したエクササイズの一例です。

例えば、小学校・中学高校・青年期・現在それぞれの時代で自分が興味をもっていたことのリストや、

自分が理想とする住まいについてのリストなど。

エクササイズはたくさん用意されているので、文字を書くのが好きな人には楽しい作業かもしれません(逆に、文字を書くのが苦手な人には苦行かも・・・w)。

 

そして以下は、エクササイズで書き出した文章からキーワードをピックアプしたところ。

結構な数の言葉が出てきますので、あーでもないこーでもないと言いながら整理していきます。

 

そうして出てきた17個の言葉は、あるルールに従って以下のようなフォーマットに書き出します。

実はこのフォーマットにも意味があり、ワークブックの解説に従って読み解くと「なるほど〜!」と納得する結果になります。
おそらくこの納得感が、このワークブックの一番の肝かもしれません。

 

これで晴れて、自分の人生の目的となる要素が出そろったことになります。

 

必要であれば、以下のような行動計画を作ってみるのもアリです。

自分が心から納得した「人生の目的」が盛り込まれているので、すぐにでも始めたくなるような行動計画の出来上がりです。

 

このワークブックの唯一の難点は値段がとにかく高いこと。

ただ個人的には、「人生の目的」があやふやなまま目標設定をしていたこれまでの不安定感(これでいいんだろうか?という思い)を考えると、買って後悔はない値段だったと思います。

 

※ なお、「ソース・セルフ・スタディ・キット」に興味のあるかたは、まずはじめに「ソース―あなたの人生の源はワクワクすることにある。」を一読するのがオススメです。

 

 

Categories: ステーショナリー, その他, 使い方, 読書

Tags: , , ,

コメントは受け付けていません。

Archive