Diary

少ない持ち物で豊かに暮らす

「必要最小限の上質の物に囲まれた生活をする」というのは、かれこれ5年以上前から持ち続けている私の目標です。

ここ数年の「断捨離」ブームの後押しもあり、「必要最小限の物に囲まれた生活」についてはほぼ達成できたように思いますので、今回は私なりの「断捨離」の結果について書いてみたいと思います。

 

【部屋について】

私は現在、間取1Kの部屋に一人暮らしをしています。

部屋の様子は以下です。

部屋の隅からベランダ側を見渡したところと、

その対角から見渡したところ。

収納家具は持っておらず、持ち物の収納は部屋に備え付けの押し入れや棚だけで十分足りている状態です。

 

【家電について】

その他、一般的な家庭にはある(と思う)けれど私が持っていない家電としては

  • テレビ
  • 冷蔵庫
  • 洗濯機
  • ガスコンロ
  • 電子レンジ
  • 電気炊飯器
  • 掃除機

などがあります。

テレビ・電気炊飯器・掃除機は5年以上前に、その他の家電については今の部屋に引っ越す際に手放しました。

さすがに冷蔵庫・洗濯機を手放すときはとても不安でしたが、無ければ無いでなんとかできるもんだな〜と今では思います。

 

【服について】

服はジャンル毎に所持する数(カットソー3枚、ブラウス1枚、ボトム3着 ・・・・などなど)を決め、必ず1つ以上古いものを手放してから新しいものを買うようにしています。

洗濯は洗濯機がないので手洗いで。

服の収納についてはごく一部を壁にかけ、その他は押し入れの上段に畳んでしまっています(押し入れの下段にはお布団一式が入ってます)。

 

【キッチンについて】

キッチンはとてもコンパクトで、ビルトインのガスコンロが1口ついているものの、日常的に料理をするのは難しい狭さです。もちろん冷蔵庫も置けません。

この部屋に引っ越した当初は日々の食事をどうするかとても悩みましたが、今は割り切って

  • 朝食は自家製ジュースのみ
  • 昼食は事務所で自炊するか、外食
  • 夕食は事務所で自炊するか、外食か、自家製ジュースのみ

と決めています。

そういうわけなので、調理器具や食器は必要最小限のもの(ジューサー、ミルクパン、応量器、マグカップ、グラス、箸、スプーンをそれぞれ1つずつ)だけを残し、あとは手放してしまいました。

食材や調味料をストックする必要もないので、キッチン周りはとてもスッキリしています。

 

【その他について】

掃除で使う道具は箒とちりとりと雑巾のみ。

洗剤やトイレットペーパーなどの消耗品は極力ストックをもたず、キッチン下の戸棚に余裕をもって収納しています。

また分別用のゴミ箱は玄関横の棚の中に納め、外からは見えないようにしています。

 

※ちなみにページの一番上の写真はこの部屋に引っ越す前の家財道具一式(ふとん以外)です。
※今現在は当時よりも少しモノは減っています。

 

とてもざっくりですが、以上が現在の私の「断捨離」の結果となります。

 

 

私の場合、持ち物を意識的に減らし始めてからここまでくるのに約5年かかりました。

改めてその年月を振り返り、「断捨離」をするうえで効果的だったと思うことを以下に列挙してみます。

  1. 持たない暮らしについての本を読む
  2. 持ち物をリストに書き出す
  3. 欲しいものリストをつくる
  4. テレビを捨てる
  5. 引っ越しをする

 

これらの詳細についてはまた後日、別の記事で書いてみようと思います。

 

 

 

 

※「持たない暮らし」についての最新記事は以下のサイトに掲載しております!

Categories: 日記, 物を持たない暮らし

Tags: ,

コメントは受け付けていません。

Archive